サイト検索
検索
サイトメニュー
Menu
RTB SoftLab ラテベ ソフトラボ (ラテベラボ)
私の知っているソフトの操作を解りやすく、解説していきます。
サイト検索
検索
サイトメニュー
Menu

投稿日:2021年3月7日

更新日:2021年3月9日

カスタムコントロールの作り方

前回、カスタムコントロールの利便性は、簡単に明記しました。

前回の内容は、こちらから参照願います。
なぜか、突然VB.Net!カスタムコントロールとは!

今回は、作り方を明記したいと思います。

皆さんそれぞれ違うと思いますので、私の方法で説明させていただきますので、ご了承願います。

カスタムコントロール作成中
カスタムコントロール作成中

では、いきなり実践です!

カスタムコントロールとは?

プロジェクトの作り方は、皆さん解ると思いますので、これは省略します。

ソリューションエクスプローラから、新しい項目を追加します。

ソリューションエクスプローラから、新しい項目を追加
ソリューションエクスプローラから、新しい項目を追加

カスタムコントロールを選んで追加を押します。
名前は、とりあえず、『TextBoxEx』としました。

カスタムコントロールを選んで追加
カスタムコントロールを選んで追加

出来たのがこちらになります。

カスタムコントロール追加後
カスタムコントロール追加後

ここが重要です。

ソリューションエクスプローラについて、全てを表示に切り替えます。

ここのボタンになります。

全てのファイルを表示
全てのファイルを表示

そうすると、全てのファイルを表示すると、Designer.vbが見えていますので、こちらを開きます。

Designer表示後
Designer表示後

下記の部分を変更します。

Inherits System.Windows.Forms.Control
↓↓↓
Inherits System.Windows.Forms.TextBox

何を意味しているかと言いますと!

コントロールから継承したクラスをTextBoxからの継承に変更したということになります。

これで、基本的には、TextBoxのカスタムコントロールが出来ています。

ビルドをかけて、フォームに配置してみます。

フォーム(画面)を開いて、ツールボックスにカスタムコントロールが見えているはずなので、そちらを配置ます。

ツールボックスのカスタムコントロール
ツールボックスのカスタムコントロール

配置したカスタムコントロールのプロパティーを見てみると、Exが付いていることが解ると思います。

カスタムコントロールのプロパティー
カスタムコントロールのプロパティー

これで、カスタムコントロールは、テキストボックスと同じ動きをします。

ここから、独自のプロパティーやメソッドを追加していくことになります。

プロパティーの追加

始めから書かれているロジックは使わないので削除します。

Protected Overrides Sub OnPaint(ByVal e As System.Windows.Forms.PaintEventArgs)
	MyBase.OnPaint(e)
	'カスタム描画コードをここに追加します。
End Sub

ここからは、超重要です。

Public Class TextBoxExの下に、
『Overrides』と明記し、スペースを押します。
そうすると!
候補が出てきます!
『B』を押して、『BackColor』を選択します。

Overridesの候補を表示したところ
Overridesの候補を表示したところ

そうすると!勝手にプロパティーのロジックを書いてくれます。

Overridesの自動ロジック
Overridesの自動ロジック

意味は、TextBoxのプロパティーである、BackColorプロパティーを継承したということです!

もう一つ、追加して下さい。

Public Class TextBoxExの下に、
『Sub New』と明記し、エンターを押します。
そうすると!
これも、ロジックが自動生成されます。

さて、プロパティーを変更してみましょう!

下記のように、プログラムを変更して下さい。

Imports System.ComponentModel
Public Class TextBoxEx
	Sub New()
		' この呼び出しはデザイナーで必要です。
		InitializeComponent()
		' InitializeComponent() 呼び出しの後で初期化を追加します。
		BackColor = Color.Yellow
	End Sub
	''' <summary>コンポーネントの背景色</summary>
	<DefaultValue(GetType(Color), "Yellow")>
	Public Overrides Property BackColor As Color
		Get
			Return MyBase.BackColor
		End Get
		Set(value As Color)
			MyBase.BackColor = value
		End Set
	End Property
End Class

詳しくは、後で説明しますが、このように変更して、ビルドを行って、さらにフォームにテキストボックスを追加して見て下さい。

初期値を変更したテキストボックスの出来上がりになります。

背景色の初期値を変更したテキストボックス
背景色の初期値を変更したテキストボックス

こちらが基本になります!

後は、ロジックを簡単に説明します

Sub New()はわかりますよね!

コンストラクタになりますので、最初に一回自動で呼ばれます。

その時に!BackColor = Color.Yellowで、黄色に初期化しています。

下記は、ロジック用のコメントになります。

''' <summary>コンポーネントの背景色</summary>

下記は、プロパティーの初期値を設定しています。

<DefaultValue(GetType(Color), "Yellow")>

今回は、詳しく説明しませんが、
プロパティーの初期値とSub Newでしたいしたものは、異なります。
簡単には、初期値と初期化の違いになります。

さて、最後に、プロパティを見てみます。

BackColorのプロパティー表示がボールド表示になっているのがわかりますか?

BackColorのプロパティー表示の違い
BackColorのプロパティー表示の違い

初期値が変わったので、上の背景色は、ボールド表示になっています。

上のBackColorのプロパティーで、右クリックを行えば、リセットが出来ます。
(リセットしたら、黄色になるはずです)

これが、カスタムコントロールになります。

まだ、実用的ではありませんが^^;
長くなったので、次回ですね!

残っている懸案

分類懸案結論完了
javathrows ServletException, IOException throwsは、解っているので、完了にします♪OK
これからの懸案一覧

今回のまとめ

カスタムココントロールの作成方法が解っていただければいいのですが^^;

次回は、このカスタムコントロールを使って、実用的なものを作成したいと思います。

RTB カレンダー

27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

リンク

通販サイト(ECサイト)デモへ
ラテベラボブログへ
ナノシスへ

RTBアーカイブ

RTB 本日のランキング

google検索