サイト検索
検索
サイトメニュー
Menu
RTB SoftLab ラテベ ソフトラボ (ラテベラボ)
私の知っているソフトの操作を解りやすく、解説していきます。
サイト検索
検索
サイトメニュー
Menu

投稿日:2023年1月13日

更新日:2023年1月13日

はじめに

通販サイト(ECサイト)デモへ
通販サイト(ECサイト)デモへ

前回は、
「ブロックはエラーの影響を受けており、正しく機能しない可能性があります。詳細は開発ツールを確認してください」
についての回避方法を説明させていただきました。

WordPress ブロックはエラーの影響を受けており・・・

今回は、
「エラーが発生しました:返答が正しいJSONレスポンスではありません」
について、考えていたいと思います。

ものの発端は、前回の記事で発生したエラー!
WordPressのウィジェットがブロックエディターに変わったことが始まりです。

その時の悩みは!

  • クラシックのウィジェットは、いつまで動くの?
  • クラシックのウィジェットをいつまで使えばいいの?
  • WordPressの基本方針にて、クラシックのウィジェットへ戻すことはないのでは?
  • どうする??

でした。

関連する記事は、こちらになります。

PHPのバージョンアップ(いろいろ問題が!)

WordPress・PHP8系のバージョンアップ

皆様方の参考に出来たら、嬉しく思います♪
もし参考になったら、広告を1回でいいので、クリックして下さい♪

返答が正しいJSONレスポンスではありません ・・・が出た時は?

エラーの表示のされ方

こんなメッセージが出ているのではないかと思います。

保存時のエラー内容

このエラーは、ウィジェット保存時に出力されます。
私の場合は、ブロックウィジェットで発生していました。
クラッシックウィジェットについて、発生していたかは覚えておりません。

たぶん、こんな感じで、エラーが出てきた人は、大勢いると思います。

でも、ほとんどの場合は、「WAF」が影響していると思います。

エラーの直し方!

保存が出来ればいいので、今のウィジェットは、そのままにし、新しいブラウザを開きます。
その新しいブラウザで、サーバーの管理サイトへアクセスしWAF一旦解除します。

CPIのサーバ(SV-Baci)の場合

コントロールパネルにアクセスし、WEBのアイコンを選択します。
どの後、WAFを選択します。

後は、WAFを解除するだけになります。

「WAF」がONの場合は、OFFにします。
「WAF」の無効化の確認
「WAF」を有効から無効に変えた状態

さて、ここからなのですが、
「数分後に設定が切り替わります。」と記載されています。
設定は、直ぐには設定が有効になりませんので、しばらく待って下さい。

数分後(私の場合、5分~10分でした)、
ウィジェットの表示されているブラウザに戻って、ウィジェットを行うと保存が出来ると思います。

ウィジェットを保存されました。

さて、ここで忘れてはいけないのが、その後に「WAF」を有効戻します。

これで、問題なくウィジェットは、保存されます。

ただし!
ここからが本題の懸案になります。

WAFの問題点を考える!

今回「WAF」にて、保存時エラーが出ていたのは、カスタムHTMLのウィジェットになります。

ブロック版の「カスタムHTML」に以下を記載すると!

ブロック版カスタムHTMLにて、保存時「WAF」エラーが発生する。

この状態で、「WAF」にてブロックとなり、保存エラーになります。
ログを見てみると下記の場所で、POSTのエラーとなっています。

/wp-json/batch/v1?_locale=user

「 wp-json 」のディレクトリなんて、ないのに~^^;
( 調べてみると、wp-json は、いろいろ問題があります。後日、気が向いたら記載します)

話を戻します。

このような感じで「WAF」にブロックされてしまいます。
ただ、問題は、他のウィジェットを変更したい時も、
カスタムHTMLを保存しようとするので、この『WAF』にブロックされてしまいます。

その都度、『WAF』を無効にすればいのですが、それはめんどくさいのが現実です。

結論として、自作のカステムHTMLを作成することにしました。
これはこれで、地獄でしたけど!(笑)
こちらについては、今度、ブロクに記載したいと思っています。

WAFにひっかかるタグ

自作のカスタムHTMLを作成する時に、何のタグなどが、 『WAF』に引っかかっているかを調べてみました。
あくまで、私が使っているカステムHTMLの中身になりますので、全てではないと思います。

  • scliptタグ
    • 開始タグ、終了タグの両方について、「WAF」にブロックされます。
    • このタグは、Googleや他の広告について、どうしても必要になります。
  • 「’」シングルコーテーション
    • よくわかりませんが、これも「WAF」にブロックされます。
  • window.
    • これは、なんとなくですね。JavaScriptで操作するのによく使います。
  • style
    • こちらもブロックされます。
    • HTMLの変更が出来るので、わからないでもありません。

2023/01/13時点で解っているのは、こちらになります。

ここまで解れば、何とか出来るのではないかと思いますので、自作のカスタムHTMLの作成が出来ると思って作成しました。
今は、自作のカスタムHTMLにて、 『WAF』 を回避しながら保存が出来ています。

まとめ

「エラーが発生しました:返答が正しいJSONレスポンスではありません」が出た場合は!

  • カステムHTMLをなるべく使用しない。
  • どうしても、カステムHTMLが必要な場合
    • サーバーの設定にて、一時的に「WAF」を無効にする。
    • それも面倒に感じる方は!
      • 私のプラグインを使ってみる(笑)

と思います。

私が作成したプラグインは、 ECのWelcartのデモサイトにて、無料で販売しておりますので、そちらをご覧下さい。
次回は、自作のカステムHTMLのプラグイン(RTB Block BlockS)の説明になると思います。

RTB Block BlockS

なるべく、解りやすく明記していきたいと思っていますが、解りにくく思われた方は、ご了承願います。
又、あくまで私的なことも多くなってくるかと思われますので、そちらもご了承願います。
さらに、間違っていることもありますので、修正等は、申し訳ございませんが、自己責任でお願い申し上げます。

頑張って、これからも書いていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
お願いになります、広告を1回でいいので、クリックして下さい♪

ECサイトのWelcartのデモサイトは、バナーを作りましたので、こちらから参照出来ます。

通販サイト(ECサイト)デモへ
通販サイト(ECサイト)デモへ

RTB カレンダー

28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
通販サイト(ECサイト)デモへ
ラテベラボブログへ
ナノシスへ

RTBアーカイブ(旧 Widget 版)

RTB ポストランキング (旧)

RTBアーカイブ(旧 Widget 版)