サイト検索
検索
サイトメニュー
Menu
RTB SoftLab ラテベ ソフトラボ (ラテベラボ)
私の知っているソフトの操作を解りやすく、解説していきます。
サイト検索
検索
サイトメニュー
Menu

投稿日:2020年9月26日

更新日:2020年9月26日

今までとこれからの内容

Tomcatのインストールまでは、前回までに、完了済み!

始めてのTOMCAT(インストール)

インストールした時に、ふと気が付いた!

  • なんで、JAVAは、Cドライブにいるのだ!
  • そうかぁ~。オラクルが原因だ!
    • オラクルのインストール前に入れた記憶がある!
  • これも、Dドライブに逃がすべきでは!
  • でも、オラクルが動かないと、開発こまるかも^^;
  • オラクルは、環境作成だけでも大変だから^^;
  • 今後を考えて、どうすべきか!?
    • オラクルでほしいのは、基本2つ!
      • ODBCドライバー
      • Oracle.DataAccess.dll
    • DBは、サーバにあるので問題ないはず!
やるしかないかぁ~!
  • というころとで、JAVAを移動することに決定!

その前に、バックアップ!

さて、考える手順は、こんな感じと思われる。

  • 既存JAVAのアンイントール
  • 同一バージョンJAVAのzipインストール
    • 同一バージョンは、オラクルに影響されないようにしたい為)

たぶん、この手順で大丈夫なはず!(たぶん!)

早速、作業開始!

JAVAのアンイントール

現在の環境は、以下である。

アプリバージョンインストール先
Windows10
Java8u45C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_45
C:\Program Files\Java\jre1.8.0_45
Apache242.4.23C:\Apache24
php7.3.12C:\php\Php7.3.12
Tomcat8.5.57D:\Tomcat\Tomcat
Oracle11.2.0C:\Ora\x64
C:\Ora\x86
現在の環境

Javaのアンイントール

でも、Javaのアンイントールは、どうやるのだろう?

Oracle系は、考えずに行動を起こすと、ひどい目にあうからなぁ~www^^;

ここに記載されていました。

無事、アンイントール完了!

Javaのイントール(zip)

まずは、JAVAのダンロード!

  1. ダンロード先(NG)
    1. https://www.oracle.com/java/technologies/javase-downloads.html
      又は、
      https://www.oracle.com/java/technologies/javase/javase-jdk8-downloads.html
  2. 最新しかないですね~^^;
    1. だから、きちんとチェックした後に、行動しないといけないと言ったのにwww^^;
    2. もう一度ググって!
  3. ダンロード先(NG)
    1. ここで、過去のバージョンが解るみたい!
      1. https://www.java.com/ja/download/help/release_changes.html
    1. そこから、ここに行って!
      1. https://www.oracle.com/java/technologies/tzdata-versions.html
      2. tzdata2015aっぽいですね!
    2. さらにここにいって!
      1. http://mm.icann.org/pipermail/tz-announce/2015-January/000028.html
      2. Windows版がどれかわかりません^^;
      3. どうしよう!!!
      4. まっ!8系がまだあったので、最新でいいかも!
      5. ダメなら、元に戻す!

JavaインストールZipの作成

当初の予定とは異なりますが、ExeからZipを作成します。

  1. 拡張子のexeをzipに変更します。
  2. 7-Zipにて解凍を行います。(文字化け等が解消されます)
    1. この時、エラーが出てきますが、無視して構いません。
  3. DOS(コマンド)にて
    1. extrac32 111
  4. 7-Zipにてtools.zipを解凍する
  5. 下記の魔法の言葉で、Jarファイルを作成する。
    1. for /r %x in (*.pack) do .\bin\unpack200 -r “%x” “%~dx%~px%~nx.jar”
  6. フォルダーの名前をjdk1.8.0_261に変更する
  7. これで、Zipファイルの作成が出来ました。

最後の設定

後の手順は、以下であった。

  1. 先程のフォルダー(jdk1.8.0_261)を所定の場所に移動
    1. D:\Java\jdk1.8.0_261
  2. 最後に、システム環境変数を変更で完了!

変更後のシステム変数

変数名パス
CATALINA_HOMED:\Tomcat\Tomcat
JRE_HOMED:\Java\jdk1.8.0_261\jre
JAVA_HOMED:\Java\jdk1.8.0_261
CLASSPATHD:\Tomcat\Tomcat\lib
Path%JAVA_HOME%\bin
Path%JAVA_HOME%\jre\bin
Path%JAVA_HOME%
Path%CLASSPATH%\servlet-api.jar
Path%CLASSPATH%
システム環境変数の設定
(将来使うものも含む)

さて、前回の失敗から、PCの再起動を行います。(笑)

動作テスト

オラクル自体の動作テストは行っていませんが、.netが動いたのでよしとする。

但し、下記は注意必要

  1. オラクルのインストール先に、JAVAへのシンボリック リンクがあった。
  2. これは、基本変更しなければならない。
  3. 場所は忘れたwww^^;

ハマった所

実は、あれこれやったので、又、ハマっていますwww^^;

8U45も持っていたので、Zip化しました。

今回のまとめ

  • Zip化することにより、色々メリットがありそうである。
  1. Javaのバージョンも変数を変更するだけで可能と思われる。
  2. 勿論、場所の移動も同様である。
  3. PHPやApacheもすればよかった^^;
    1. 次期、Eclips開発で考えることにする。
  4. JREについて
    1. JDKをインストールすると、基本JREもついてくる!
    2. 今まで知らなくって、両方インストールしていたwww^^;
    3. この記事にはないが、JAVA11(たしか、でもうる覚え^^;)からJREはなくなっている。(これが今後ハマル内容である)

次は、Tomacatの開発に移りたいなぁ~!

さて、がんばりますよ~♪
(さらに、ここからが、非常にハマりました(笑))

RTB カレンダー

28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2
通販サイト(ECサイト)デモへ
ラテベラボブログへ
ナノシスへ

RTBアーカイブ(旧 Widget 版)

RTB ポストランキング (旧)

RTBアーカイブ(旧 Widget 版)