サイト検索
検索
サイトメニュー
Menu
RTB SoftLab ラテベ ソフトラボ (ラテベラボ)
私の知っているソフトの操作を解りやすく、解説していきます。
サイト検索
検索
サイトメニュー
Menu

投稿日:2020年9月29日

更新日:2020年9月29日

今までとこれからの内容

前々回、Java+Tomcatの開発でエディターがいきなり決定しました。

TOMCATの開発前に!(エディターは何!)

ということで前回は、エディタのインストールから始めました。

Visual Studio Codeのインストール

今回は、その続きになります。

今回の目標は!

  1. VSCODEに慣れる。
  2. エディターを日本語モードにする。
  3. JAVAの開発環境に整えていく。
  4. Tomcatの開発環境に整えていく。

たぶん、このぐらいではないでしょうか!?

早速、作業開始!

Visual Studio Codeに慣れる!

まずは、VsCodeの起動直後の画面です。勿論ポータブルモード!
ポータブルモードは、前回説明していますので、こちらから参照願います。

VsCode起動直後
VsCode起動直後

最近のアプリは、背景が黒いのがなぜか多く感じています。
基本的には、白系が好きなのですが、コードが見やすいのでしょうか?

設定で変えることが可能ですが、そのまま使用することにします!
(目標の一つが、VSCodeに慣れることが必要なので!)

さて、どこから手を付けるべきなのか!?

まずは、日本語化を行いたいので、環境設定やオプションをメニューから探します!

わかりませんね~(笑)。やはり、ググります(笑)

どうも、左のアイコン(下記参照)からExtensions(Ctrl+Shift+X)を開いて、プラグインみたいにして、色々機能をアップするようです。

日本語化もここで追加するみたいです。

では、実際にやってみます。

VSCodeの日本語化

日本語化の手順は!

  1. Extensions(Ctrl+Shift+X)を開いて検索枠に「Japanese」を入力する。
  2. 一番上のJalanese Language Pack for Visual Studio Codeの緑バックの「Install」をクリックします。
    1. そうすることで、インストールが始まります。
  3. 右下にメッセージが出力されるので、その「Restart Now」を押して、アプリの再起動を行います。
  4. これで、日本語化が出来ました♪

なるほど!Extension(プラグイン?)を追加して、機能をアップする方法みたいです。
これで、色々な環境を整えていくということになりそうです。
プラグイン方式の場合の難点は!

  • WordPressも同じですが、同じ様なプラグインが沢山あって、何を使用したらいいのかわからない!
  • 始めにテストしていただいたサイトを見て、やってみるしかない!

だと、思っています。これが結構大変なのよね~(笑)

ただ、それだけ拡張性が高いということでしょう~(笑)。
まぁ、一度すれば、あまり追加はしないので、いいか!って、納得させます。

さて、次は、JAVA+TOMCATの開発環境のエクテイションを追加していきます。
勿論ググります(笑)

Java+Tomcatの開発環境構築(インストール)

必要なExtensionsは、以下のようです。
なので、早々インストールしていきます。
(何が何かは、勿論よくわかっていません(笑))

まずは、JAVA開発のエクステンション

  1. JAVA開発のエクステンション
    1. Java Extension Pack
      1. これは、色々なエクステンションを集めたパッケージだそうです。
        1. Language Support for Java
          1. コード補完
          2. Maven, Gtadle, スタンドアロンのプロジェクトサポート
          3. リファクタリング
          4. コードスニペット
          5. ハイライト
          6. その他あり
        2. Debugger for Java
          1. デバック
        3. Java Test Runner
          1. Run & Debug JUnit/TestNG Test Cases
        4. Maven Project Explorer
          1. Project Scaffolding
          2. Custom Goals
          3. POMの生成
        5. Java Dependency Viewer
          1. クラスメンバーを表示する
            1. Javaプロジェクト
            2. 参照ライブラリ
            3. リソースファイル
            4. パッケージ
            5. クラス
        6. Visual Studio IntelliCode
          1. AI支援開発
          1. AIによってランク付けされた補完リスト

勿論、内容はよくわかりません。
(実際やってみるしかないですね(笑))
とりあえず、インストールしていきます。

インストール前

Java エクステンション インストール前
Java エクステンション インストール前

インストール後

Java エクステンション インストール後
Java エクステンション インストール後

沢山、一度にインストールされました(笑)

ここで大事になるのが、JAVAは、どこにあるかを設定しなければならないということです。

手順は!

  1. 左一番下のアイコンをクリックを行い設定(Ctrl+,)を選びます。
  2. そこから設定にて、「javahome」で検索を行い、その中の「Java:Home」の中の、「settings.jsonで編集」を選びます。
  3. その後、JAVAのJDKの場所を指定します。
    “java.home”: “D:\\Java\\jdk1.8.0_261”
  4. Ctrl+Sで保存します。

後は、VSCodeを再起動すれば、OKです。

重要なのが下記です!

  1. JAVA-JREの場所を指定します。
  2. パスは、エスケープ(\)文字が必要になります。
    1. これを指定しなかったので、なんでだ~って、私はなりました(笑)

次は、Tomcatのエクステイション

Tomcatは、「Tomcat for Java」みたいなので、そのままインストールを行います。

Tomcat for Java インストール前
Tomcat for Java インストール前

これで、たぶん、Java+Tomcatの開発環境は出来たのではないかと思えます。

現在の環境

変数名パス
CATALINA_HOMED:\Tomcat\Tomcat
JRE_HOMED:\Java\jdk1.8.0_261\jre
JAVA_HOMED:\Java\jdk1.8.0_261
CLASSPATHD:\Tomcat\Tomcat\lib
Path%JAVA_HOME%\bin
Path%JAVA_HOME%\jre\bin
Path%JAVA_HOME%
Path%CLASSPATH%\servlet-api.jar
Path%CLASSPATH%
システム環境変数の設定
(将来使うものも含む)

ハマった所

今回は、すこしだけハマりました。(笑)

例のJava.Homeのエスケープ文字ですね(笑)

参考サイト

ありがとうございました♪

今回のまとめ

  • VsCodeは、WordPressやEclipssのように、プラグイン(エクステンション)みたいなものを追加して機能拡張していく!
  • 設定は、左の一番下のアイコンである。

次は、始めてのJAVAになるかも♪

さて、がんばりますよ~♪
(ここからが~、爆的にハマりました(笑))

残っている懸案

  • VsCode
    • エディターの必須条件
      • AVAのデバッグ(停止・変数が見れる)が可能であること!
      • 感覚的に使えそうであること!

RTB カレンダー

31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
通販サイト(ECサイト)デモへ
ラテベラボブログへ
ナノシスへ

RTBアーカイブ(旧 Widget 版)

RTB ポストランキング (旧)

RTBアーカイブ(旧 Widget 版)